IBJアンバサダークラブに参加

皆様、こんにちは☀

今日は関東方面で⛄が降っているようですが、いかがお過ごしでしょうか。

さて私は本日約3時間ほど、IBJアンバサダークラブ「幸せに導く心理学クラブ」にオンラインにて初めて参加いたしました。


まず心理学について基礎をはじめ、また今回は自信のない39歳女性、結婚したいかどうかも分からず悩んでいる女性のお客様役、もう1名はカウンセラー役でロープレが出来たり、仲人同士で自己紹介をしたり、最後に素晴らしいロープレを見せていただけたのがとても印象に残りました。


まずカウンセリング最初にお客様が


「私39歳だけど、自信がない。料理もできない。もう年齢的に結婚ができない。どうすれば良いですか?」


と仰り、まずこのようにカウンセリングに来られているということは行動に起こせていて、きちんと考えられている証拠。まずはその行動力の素晴らしさをお伝えし、


「今からお帰りの際、どのような状態でここを出れたら嬉しいですか?」

要するに扉を開けたらどんなあなたになっていたいかを聞くことが大事。そして最初の10分間でご本人の悩みを聞き出し、問題点を拾い問題をクリアできれば幸せな家庭を築いてみたいかを聞き、私が何ができるか、あなたと一緒に解決して頑張って行こうと言い、やるべきことをまとめ、これを一緒にしていきませんか。と短時間なのに問題が次々と解決して行く。素晴らしかったです✨

勉強会が終わってからは会員M様へ先日お見合いされたお相手の相談所様からお断りに対する連絡があった旨をご報告いたしました。


実はM様、仮交際に進み初デートでランチをされましたが、お相手の男性が予約をしてくださったもののお酒を飲む前提でランチを考えていたことや、待ち合わせ場所のラインは返信されない、こちらの状況を配慮してもらえない、ラインの文面に違和感を感じることを話したものの、

「喜んでもらえると思って」
「考え方は人それぞれ」
「僕がこう思ったから」


なとど噛み合わず、自分が望んでいないことをされても押しつけになるので困るとの理由をお相手の相談所様へお伝えしました。

本当はこれに加え、ランチの際お相手男性はビールを1杯多めに飲み、「これからもよろしく」のメッセージを添えたデザートを彼がオーダーしたにも関わらず、M様が割り勘にしようと提案すると、あっさりと受け容れたそうです。


そのため、M様はお相手ももうご自分に会いたくなのであろうと判断したところ、


「次はいつお会いしましょうか。」


と言われ、戸惑い、何も答えなかったそうです。


ただお相手は相談所様に詳細は何も言っていなかったそうで、ただ一言「もう交際は終了になると思う」とだけ報告されていたそう。


勿論男性におごってもらうことが当たり前になってはいけませんが、意中のお相手を射止めたいのなら「気遣い」はやはり欠かせません。気遣いができないのに次にお会いしたいとはとうてい思われないので、お相手男性にも改善していただき、無事成婚していただきたいと思います。


またM様をお気に入り登録されていた男性を紹介したり、19日の飲み会にお声掛けしたり、やはり成婚するためには月200件申し込みをし、お相手の住む地域を関西だけではなく視野を広げると可能性が広まることをお伝えしました。


月会費をお支払いいただいている以上、たくさんの人に申し込みをし、お見合いをしないと損。


困ったときに色々お話をお聞きしているからか、現在M様は前向きに諦めず頑張りますと連絡をいただきました。


M様の様に何でも相談していただける関係作りはやはり大事だと感じました。例えばお見合いしたお相手の男性とお相手の相談所様との間では「交際は終了になると思う」とだけ聞いているとのことだったので、定期的にお会いし関係性を築くことで、どんな些細な事でも相談してもらえる。関係性が築けていなければ、問題にも気付けず、お客様は後ろ向きになりすぐに退会という結果にも繋がりかねません。


因みにお相手の相談所様からは

「M様に不快な思いをさせてしまい申し訳ございません。

理由を詳しく教えていただけて感謝申し上げます。」


とのご連絡をいただきました。


さて今からインスタ、FACEBOOKにて飲み会の宣伝をし、明日は土曜日の飲み会準備に向けてチラシを増刷したり、集客をお手伝いしている代わりに飲み会が始まる前にCupid MのPR時間を1分ほど欲しいと主催者に交渉した結果了承を得ましたので、PR方法を復習し、日曜日のカウンセリングに備えて準備してまいります。