K様のオンラインカウンセリングについて

皆様、こんばんは🌃

私事で恐縮ではございますが、昨日1日中寒気に襲われ体調がよろしくありませんでしたので、今日は昼まで休み、昼からIBJの研修に参加いたしました。

先日関東在住K様のオンラインカウンセリングを行った時のことをお話させていただきます。


まずK様はそもそも結婚や結婚相談所に興味があって、カウンセリングを行ったわけではなく、「人生に変化が欲しい」と仰られたことがきっかけで主人が私の話を聞いてみないか?と言ってくれたことが始まりでした。


まずカウンセリング開始時刻になり、電話をすると、そこには起床したばかりのK様の姿が画面越しに見えました(笑)
着替え、身なりを整える時間を作り、オンラインカウンセリングを開始。


色々と話を聞いていくと、K様は1年に数回(年明け、夏?)は今後もお付き合いをしていきたいと思う方々に連絡を入れているそう。仕事がとても忙しく、趣味はバイクであるものの時間がないため、転職をしてプライベート時間を作ってバイクに乗りたいと考えているとのこと。最初は1人で寂しくない。苦労していないと仰っていましたが、決して彼女が欲しくないとは思っていない。ただ出会いがない。また大学時代、お付き合いしていた彼女との付き合いは楽だったけど、その後お付き合いをした女性と別れる原因は付き合うまでは一生懸命アプローチし、付き合った後は急に用事がある時だけしか連絡をしなくなり、付き合う前と付き合った後のギャップだったそう。

過去の恋愛、現在の「出会いがない」という悩みをヒアリングし、よくよくお話を聞くと、今の仕事が楽しいから転職したいと言いつつ、このまま続けるかも知れないとのこと。


それを聞いて、私はすかさず仕事が楽しいのなら転職する必要はない。ただ生活に変化が欲しい。彼女が欲しくない訳ではないのなら、まずは半年後隣にパートナーがいることを目標とし、是非結婚までお手伝いをさせて欲しいと提案しました。

仲人が居る意味、24時間、365日のサポートなどをお伝えし、

「前向きなんだけど、腰が重い」


とのこと。


「大丈夫!変化が欲しいなら、まずは動こう!一人じゃない。二人三脚で一緒に進めて行けますから安心してください。」


そう言うと、「分かりました。契約書送ってください」


と仰り、きっと話を聞くまでは結婚相談所に入会することすら考えていなかったはずなのですが、その後


「いろいろごちゃごちゃ考えました。やるべきかやらないべきか。だけど、やらなければ今の生活と何の変化もないので、前向きに検討します。」


と連絡があり、その後


「ラーメンに付き合ってくれる彼女がいいな」


と連絡があったので、カウンセリングをして良かったと思いました。


話を聞いてくださるまではきっと1人でも良い。と思っていたはずが、私達が悩みを聞き、解決に向かい一緒に頑張ろうと提案することでその人の人生を変えるお手伝い、背中を押すことができることに喜びと仲人の大切な役割と感じたカウンセリングでした。


またIBJで39歳までの男性が成婚までにどのくらいの期間活動しているか、お見合いの回数を重ねているかを具体的に話して、納得されていました。


前回のオンラインカウンセリングで話せなかったことを来週の日曜日に改めてカウンセリングで話す予定で、そこで正式に始めてみたいという結果になりましたら即契約書を郵送します。


もし活動するとなれば彼に会いに関東へ行きたいと思っているので、これを機に関東でも広めて行きたい。そう考えております。

因みに彼はバックパッカー好きとのことで、海外の話をすることも楽しみです✨