会員M様より悩み相談

皆様、おはようございます☀


一昨日、会員M様より仮交際に進んだお相手と


「2/8に車でお出かけすることになり、複数の候補地を送ってくれて遠方から近場まで様々でどうしましょうか。服装も悩みます。」


と連絡がありました。

本来仮交際に進む場合、1~2回目のデートは約2~3時間程度のお食事デート、3回目は半日、4回目は1日としており、「婚活ウエディングブック」にも掲載しているのですが、仮交際成立後、翌日21時の電話で約40分ほどお話をされたとお聞きしていたので、お二人は意気投合し、早速お出かけすることになったのだと私は喜び、


「もし候補地のデートコースを私に教えてくだされば服装のアドバイスがしやすいのでご都合の良いタイミングでご連絡いただければ幸いです」


と返信し、翌日夜M様から


「お相手と私の距離感の詰め方が少し違い、しんどいです。お会いするのが2回目で車で遠いところに行くことに抵抗を感じ、近場にしようとお断りしてしまいました。」


と連絡があり、


意気投合し、お出かけすることになったと思い込んでいた私に対し反省💦M様が最初に車でお出かけすることになったと私に報告して来られた時にM様の戸惑う気持ちに気付けなかったことをお詫びし、また困りごとや相談があればいつでも連絡くださいとお伝えしました。


すると、


「行きたいところや食べたいものも全て聞かれて、M様が行きたいところに行くことが嬉しいからと言われ、相手にリードしてほしいので困っている。電話できますか?って聞かれて、最初に来たラインに返信したら、また電話できる?って言われて、お相手のラインや電話の催促に戸惑っています。私が思っていることをお相手に伝えたら良いだけなのに本当に申し訳ございません。」


と連絡があり、


私はまずM様に今回私にご相談いただけたことが嬉しかったと感謝の言葉を述べたうえで、男性にリードしてほしい気持ちもとても理解できました。婚活を始めた頃の私はむしろ男性がリードするのが当たり前だと思っていました。しかしながら婚活男性は女性慣れしていないことがあり、女性が好きなイタリアン、美味しいお店に滅多に行かないので、お相手は純粋にM様に喜んで欲しいから、そういうふうに聞いたのでしょうね。

私、いくつか美味しいお店知ってるから、その中からM様の気に入ったお店を選び、お相手に「ここへ行きたい」と言えば喜んで予約してくれると思いますよ。

電話も単にラインでやり取りするよりも電話の方が早いから「話せますか?」と提案したと推測しますと私なりのコメントをし、明後日がデート。

お会いした時は好印象だったけど、電話・ラインをしたことにより数日でこうも変わる。これはM様とお会いして、お話する方が良いと思い、


「明日よければご自宅の近くまで行きますよ」


と言いました。

最初は「そんなわざわざ来させるのは申し訳ないから、都合の良いお時間にお電話できますか?」と返信がありました。


しかしながら車で片道1時間移動してお会いできる距離ですし、お顔を見て話すのと、電話ではまた違うのでもう一度

「ご自宅の近くへ行くので、お茶しながらお話しませんか」
「もちろんお電話でも大丈夫です」

と言ったら、

M様から

「お言葉に甘えて、明日お会いしてお話したいです。自宅まで来てもらうのは悪いので、どこかまで行きます。」

と感謝のお言葉を添えてご連絡をいただきました。

正直、私はM様からのラインを見て、M様の気持ちに寄り添いながら、お相手をフォローし上手く行くようにする前提でお会いしました。

しかしながらお二人のラインの会話内容を見せてもらったり、電話での会話などをお聞きし、


男性側からの

「苦しめてごめんなさい」

「自分を責めたらあかんよ」

「このお店ゎどーですか?」


など所々気になる表現や上記の小さい「わ」を打つ文章・・・💦

勿論第一印象は良かったし、次にお会いしたいお相手だったのだから2回目実際にお会いするとまた違うかも知れない。

男性側も決して悪気があるわけではないから、ラインがすぐに返信があっても少し時間を置いて返信すれば次第に相手もペースを合わせると思うし、お会いする時に言えば合わせてくれるかも知れない。改善してくれるかも知れない。
相手が寄り添ってくれるのかが大事だけど、100%完璧な人っていないから女性側も男性を上手く変えていけば良き方向に向かうこともあるなどとお話しました。また婚活は行動をすることで、結果が伴うこと。決して諦めずに続けることの重要さを伝えて来ました。


今回お相手の男性とのラインのやり取りを一部拝見し、今後私が男性会員様をお世話することになれば今のM様と同様、定期的に面談を行い、仮交際に進んだ後のラインでのやり取りやデートの提案方法、気遣い方なども事前にアドバイスや提案をしたうえで、都度親身に相談に乗り対応していきたい気持ちも強くなり、ある意味今回のことでとても勉強になりました✨


日々お客様をお世話させていただき、私は他の結婚相談所にはない「手厚いサービス」を売りにして行きたいと思っています。


今までは「サービスを重視している」と一言で漠然としていたかも知れませんが、実際お客様をお世話するといろいろな問題、相談が発生し、それに対し誠意を持って回答し対応すること。

定期的にお客様とお話したり、コミュニケーションを取ることで、お客様のモチベーションは変わってくると思います。

「異性に対する対応方をこうすれば上手く行くよ」
「その対応方法良いですね」

などどお客様の良さはもちろんのこと、事前に問題に気付くことができ、それが交際、成婚という結果に繋がるのではないでしょうか。


こんな風にたくさんの会員様をお世話することで、私自身も成長して行く。そう確信しました!


ということで、今週末もイベントを主催する方のパーティーのお手伝いでCupid Mを必ず広める。私は日々このような活動をしていて、このようなサポートをしている。毎日アピールポイントがどんどん増えて行っています。お客様が増えれば、もっと私自身成長していける。

今M様をお世話できていることに感謝し、そのご縁を繋げてくれた高校時代の友人への感謝の気持ちも忘れず前を向いて歩んでまいります。


因みに先日S様とカウンセリングをさせていただいた際に紹介してくれた友人も同席してくれて、その際私の事を仲人向いてるし、頑張ってるから今後も独身の友人に話してたくさん紹介したい。

カウンセリングで相手の悩みをしっかりと聞いて、最後の10分で商品説明、Cupid Mの特徴、他社との比較、想いをコンパクトに分かりやすく伝えているのがとても良かった。と言ってくれました。


その友人はお友達に私やCupid Mのことを上手に話してくれているからこそ、カウンセリングという結果に繋がっています。
そんな風に応援してくれる友達がいることも私にとっては心強く、エステとのコラボも近い将来必ず実行します!